【イベント】出演情報

◼️2019.10.1 映画トークショー@K's cinema


MOOSIC LAB 2019 プレ企画上映として下社敦郎監督・福田芽衣監督の過去作品が上映されます。18:30からの上映後に下社監督、ライターの市川力夫さんとアフタートークをします。ぜひお越しください。


本年度の長編部門に参戦の下社敦郎監督の渋いセンスがジワリと光る「WALK IN THE ROOM」と、チョンティチャ福田芽衣監督がミャンマー人とタイ人のハーフとして日本に生まれた少女を描いた「チョンティチャ」にムーラボ2019参加作品「90分バスロマンス」の序章を添えて。





◼️2019.8.30「桜井明弘 SPECIAL LIVE 2019」

8月30日(金) 19:00 吉祥寺「MANDA-LA2」にて桜井明弘さんのライブにゲスト出演します。ぜひお越しください。


出演

桜井明弘

辰巳小五郎(tp)

衣山悦子(tb)

池島ゆたか(Mr.ピンク!)  

寒空はだか(歌うスタンダップコミック) 

若林美保(マルチパフォーマー)  

睡蓮みどり(女優、作家)


料金 2500円+DRINK


◼️2019.8.24 TAMA映画フォーラム「21世紀の女の子」上映&トークイベント


【特別上映会】8月24日(土)

『21世紀の女の子』(山戸結希 監督ほか)、ベルブホール(多摩市立永山公民館)にて開催されるイベントの司会をつとめます。ぜひ遊びに来てください。


〈ゲスト〉 ◉第1回上映後トーク:山戸結希 監督、竹内里紗 監督、枝優花 監督、東佳苗 監督、ゆっきゅんさん(アイドル)、睡蓮みどりさん(女優・文筆家)

◉第2回上映後トーク:山戸結希 監督、安川有果 監督、ふくだももこ監督、木口健太さん(俳優)、睡蓮みどりさん

★インターネット予約・イベント詳細は特設サイトにて https://www.tamaeiga.org/special/21st-century-girl/




◼️2019.8.12~8.24 写真展「EACH LOVE......」@六本木山崎文庫


先月に引き続き、六本木にあるBAR山崎文庫にて写真展を開催いたします。

撮影は末光美幸さん。

3年間撮りためた写真のなかから、ヌードを含む厳選した写真を展示いたします。

会期中お盆もありますが、私もなるべくいるようにするのでみなさんぜひ遊びに来てく

写真集『BAD MOOD』も引き続き会場で発売いたします。


ぜひお気軽にお越しください。

会場にてお待ちしております。

※睡蓮みどりも会場にいる予定ですが、日によりますのでお手数おかけいたしますがtwitter等をご確認ください。


住所 東京都港区六本木4−8−9 B1F(俳優座向かい)

電話 03−6804−5800

17:00〜翌3:00

※会期中はバーのオープン時間内は写真をご覧になれます。

※日曜定休。


山崎文庫地図はこちら




◼️2019.8.3 鈴木邦男生誕100年祭@阿佐ヶ谷Loft


鈴木邦男さんのバースデーイベントのオープニングアクトで出演することになりました。

ぜひ遊びに来てください。ご予約は阿佐ヶ谷ロフトのHPからお願いします→こちら


【出演】鈴木邦男

【オープニングアクト】睡蓮みどり、初写真集『BAD MOOD』を語る。 「20代の記念として出しました。不機嫌な表情の中の私を見つけてください」 睡蓮みどり=早稲田大学在学中にグラビアデビュー後、写真モデル、俳優として活動。映画『東京の恋人』『新宿タイガー』『断食芸人』『青春群青色の夏』『恋の罪』など。現在「図書新聞」で映画コラム「シネマの吐息」を連載中。著作『溺れた女 渇愛的偏愛映画論』。


第1部 れいわ新選組、かく戦えり 【出演】山本太郎(予定)、蓮池透 今回の参院選を、令和新選組はどう戦ったのか? 事前の準備、小沢一郎との話、人選の話、これからどうするのか、等々、表も裏も、あらいざらい、語りつくします。


第2部 新しい出発に向かって私がしたいこと 【出演】松本麗華(a.k.aアーチャリー)、森達也(予定) 父の他界から1年、麗華さんが初めて人前で話します。 心境、さまざまな人との交流…… また、なにか新しいことも始めようとしているようで、その辺についても、語ってもらいます。


OPEN 12:00 / START 13:00

前売¥2,100 / 当日¥2,300(共に飲食代別。要1オーダー¥500以上)



◼️2019.7.1~7.13 写真集『BAD MOOD』発売記念写真展を開催します!


この度、彩流社より発売となりました写真集『BAD MOOD』発売を記念しまして、六本木にあるBAR山崎文庫にて写真展を開催いたします。撮影は石黒健治さん。


パリ・ヴェネツィアでの撮影をお楽しみいただけたら幸いです。


バーでありギャラリーでもあるユニークな空間です。

ぜひお気軽にお越しください。会場にてお待ちしております。


住所 東京都港区六本木4−8−9 B1F(俳優座向かい)

電話 03−6804−5800

※会期中はバーのオープン時間内は写真をご覧になれます。


山崎文庫地図はこちら




◼️2019.3.24 映画『歯まん』アフタートーク


岡部哲也監督作品『歯まん』上映後に、監督とトークショーを行います。

「私は初めてのSEXで人を殺した。愛する人を」という衝撃のキャッチコピーとともに

話題になっている本作。

美しくも切ないホラー×純愛×ファンタジー。

この世界観を体感してください。

新しくできたばかりの吉祥寺アップリンクに是非お越しください。


※トークは3月24日(日)20:40からの回上映後を予定しています。

吉祥寺アップリンク




◼️2019.3.22 ドキュメンタリー映画『新宿タイガー』舞台挨拶


出演した『新宿タイガー』の初日舞台挨拶に登壇します。

テアトル新宿にて20:50の会上映前となります。ぜひお越しください。

詳細はテアトル新宿公式サイトにてご確認ください。


【日時】 3月22日(金)20:50の回(上映前舞台挨拶) 20:50~21:20 舞台挨拶(30分) 21:20~22:43 本編


【登壇者】 新宿タイガーさん、佐藤慶紀監督、 出演してくださったみなさん 睡蓮みどり、石川雄也、里見瑶子、田代葉子、ただまりこ、 Norie・W フレアバタフライ、速水今日子、外波山文明、 久保新二、しのはら実加、大上こうじ ※登壇者は予告なく変更となる場合がございます。







◼️2018.8.9 「挑発するアクション・ドキュメンタリー 原一男」

『極私的エロス、恋歌1974』のアフタートークにゲスト参加します。


ドキュメンタリー回の鬼才・原一男監督の特集上映が渋谷アップリンクにて開催されます。


19:30〜の上映会の後に、原一男監督と『極私的エロス・恋歌1974』のトークショーを行いますので、ぜひお越しください。

※予告編はございません。


『極私的エロス・恋歌1974』は監督作品の中でも一番好きな作品です。

一体どんなトークになるのか・・・お楽しみに!


ご予約・詳細はこちら




◼️2018.6.30 映画『名前』の初日舞台挨拶Cとして参加します。


戸田彬弘監督作品、道尾秀介さん原案の映画『名前』公開日6月30日に新宿シネマカリテにて初日舞台挨拶のMCを担当します。

主演は津田寛治さんと駒井蓮さん。その他にもたくさんの個性豊かで豪華な俳優さんたちがたくさん出演しています。

ぜひ劇場に遊びに来てください。


映画『名前』公式サイト https://namae-movie.com




◼️2018.5.4 TAMAシネマ「女の子よ、カメラを持とう」で山戸結希監督とトークしました。


昨日のTAMA映画フォーラム「女の子よカメラを持とう」の上映&トークイベントにたくさんの方にお越しいただき本当にありがとうございました。ずっとお話ししたかった山戸結希監督と初めてお会いするということでとても緊張していましたが、上映会場のなんともあたたかな雰囲気に包まれながら、無事に終えることができました。


山戸監督の溢れ出てくる言葉が一つ一つがとても大切に感じました。『おとぎ話みたい』を最初に観たときの、感覚があまりにわかりすぎてしまう嫉妬と震えるような気持ちがまざまざと蘇り、昨日会場で観た処女作の『あの娘が海辺で踊ってる』のヒリヒリする感覚に嬉しさが体の底からこみ上げてきて、お話しできたことが本当に良かったと思いました。会場の皆さんからの質問の熱さにもグッときました。


今回のテーマでもあった「女の子」が性別的な区分を超えた以上の言葉として、自分の中でも改めて捉えることができたことはやはり大きな喜びです。表現することとーー「未来の子供に関わることが一番過激な芸術だ」っておっしゃっていたこと、まさに私自身もそう思っていたのでこの言葉を聞けた時はゾクゾクしました。

同年代というだけでなくて、初めましての時に黒いワンピースがすごく似てたり、蛍光灯が嫌いだったり、たまたま持っていたポーチが一緒だったり、こんなことってあるんだなっていうくらい自分の中ではミラクルの連続でした。あまりに嬉しかったので始終にやにやしてしまい、溢れてまとまりのない言葉になってしまったので皆さんに言葉が伝わっているだろうかと不安はあるんですが。。


ひらくさんと上埜すみれさんの朗読も山戸結希ワールド全開でとても素敵でした。今発売中の『装苑』に朗読された「女の子が女の子を愛するということ」の言葉たちが載っているようですよ。新作も楽しみだなー。


copyright © 2019 SUIREN-MIDORI.COM ,All right reserved.